スイカの額装 part.2

DSC03506

前回のつづき。

ビゾーにスイカの黒い種をつけていく作業〜仕上げの作業をしていきます。

まず黒い種から。ちょっとわかりにくいですが、ポストカードのスイカの種はただの印刷ではなくてぷっくりと膨れ上がっている加工が施されています。

今回はこのカードを参考にしてちょっと立体的に種をつくっていこうと思います。

DSC03508

使ったのはフランスのpebeo(ペベオ)が出しているファンタジープリズムという絵具。たっぷり塗ることでハチの巣のような模様を出すことができるものですが、今回はこれをちょっとだけつけて、ぷっくりと膨らませてみたいと思います。(試したわけではないですがレジンとかでもできるかもしれません)

DSC03505

まずは余った紙に試し塗り。使ったのはオニキスのカラーです。

DSC03507

ポストカードを参考にして、ビゾーの表面に塗っていきます。

DSC03509

4辺塗るとこんな感じですね。スイカの種って意外と描くのはむずかしい感じです。あまり多くても汚くなってしまうし、少ないと物足りない感じがするからですが。

DSC03511

しっかりと絵具を乾かしたら土台の紙にはめ込んでみます。ちょっとスイカらしくなってきました。

DSC03512

今回は水気を含ませたくなかったので両面テープを使ってビゾーを貼りました。

DSC03513

裏板を作ってパッケをしたら、緑のフレームと合わせていきます。

完成したらこんな感じになりました。フレームとビゾーのあいだにちょっとだけ白い紙をはさんだらよりスイカっぽくなるかもしれませんね。


2015年06月08日 | Posted in ビゾー・ロロ | タグ: , , , , , No Comments » 

関連記事