バレンタインの額装2016バージョンを作る。part.2

DSC05119

前回のつづきです。

今回はパッスパルトゥとビゾー部分に色紙を貼っていきます。
まずはパッスパルトゥから。

前回3mmの厚紙をカットして作ったビゾー部分のサイズを測ってパッスパルトゥの紙を作ります。
本来ならパッスパルトゥを作る→ビゾーを作るというのが額装の流れではありますが、
今回はビゾー部分から作った方がかんたんそうだったので、ビゾー→パッスパルトゥの順番にしてみました。

DSC05120

それぞれのパッスパルトゥに色紙を貼っていきます。
今回も昨年に引き続いてファースト・ヴィンテージの紙を使いました。

この紙の質感というか色合いは使いやすくて多用しています。

DSC05121

それぞれのパッスパルトゥに色紙を貼ってしっかりとプレスします。

DSC05122

プレスしたら片端だけでよいので包みます。包んだら再度プレス。

DSC05123

ビゾー部分と合わせてみるとこんな感じになります。

DSC05124

今度はビゾーに色紙を貼っていきます。

使う色はカードのなかにあるグリーンとレッド。それから黄土色に近いクラフトの紙とファースト・ヴィンテージの黄色っぽい色の紙を用意しました。

紙を用意したら3cm幅でカットしてまんなかで折ります。

DSC05125

ビゾー部分にカットした色紙をはめて色の順番を確認。

DSC05126

これでいいなと思ったらビゾー・クラシックと同じ要領でビゾーに色紙を貼ります。

DSC05127

ビゾー部分に色紙を貼り終えたら、先ほど作ったパッスパルトゥの紙をしっかりと貼り合わせていきます。
今回のテクニックはガラスなどで上から押さえることをしないので、
あとでパッスパルトゥが浮いてこないようしっかりとボンドで貼り合わせプレスします。

今回はここまで。

次回は仕上げの作業に取り掛かっていきたいと思います。


2016年01月28日 | Posted in スュジェ・グリッセ | | No Comments » 

関連記事