バレンタインの額装2016バージョンを作る。part.1

DSC05108

今回は先日紹介したバレンタインのドキュモンで額装してみたいと思います。

使う技法はSujet Glisse(スュジェ・グリッセ)。
グリッセには滑り込ませて挟むという意味があるので、
ドキュモンとなるカードを45°でカットしたビゾーの合間に挟むテクニックです。

ビゾー・クラシック(45°)のアレンジで、ビゾー・アンブリケに近いです。

DSC05109

さっそく作業に取り掛かっていきます。

まず使うフレームを選びます。本来は額縁のガラス受けの部分が深いものがいいですが、
ちょうどいいサイズのものがなかったのでこの四角いフレームを使うことにしました。

DSC05110

ドキュモンのサイズを測って、

DSC05111

台紙となる厚紙に挟むためのラインを描きます。
ドキュモンの端が少し隠れるくらいでOK

DSC05112

それ以外のラインを入れていきます。

DSC05113

ラインの幅に応じて3mmの厚紙をMapedの45°カッターでカットしていきます。
今回は直線をカットするので、カットした反対側の面も使うことができます。

DSC05115

こんな感じでそれぞれの段を作っていきます。

DSC05117

45°の段がいくつもできました。

DSC05118

フレームとドキュモンを組み合わせてみるとこんな感じになります。

今回はここまでで、次回、パッスパルトゥとビゾーを作っていきたいと思います。


2016年01月27日 | Posted in スュジェ・グリッセ | | No Comments » 

関連記事