rifle paperのトラのカードを額装する。(ビゾー・ファンタジー・トルサデ) part.3

DSC04846

前回のつづき。今回は仕上げに入っていきます。
まず時間のあるうちに、ドキュモンのカードの裏側に厚紙を貼ります。

DSC04863

高さを調節するため、裏側にスチレンボードを重ねて貼ります。

DSC04861

それから前回何か足りないなあ、と思った部分に3mmのビゾークラシックを入れるといいんじゃないかと思ったので、
3mm厚紙を45°でカットしてビゾー・クラシックを作っていきます。

DSC04864

ビゾーに白い紙を貼ります。

DSC04865

4辺とも貼ったらビゾー・クラシックの完成!

DSC04866

合わせて見るとこんな感じになります。

ビゾー部分とパッスパルトゥの境界がはっきりとしたので、ぼやけた感じがなくなったと思います。

DSC04867

テクニック部分(パッスパルトゥ、ビゾー・クラシック、ビゾー・ファンタジー・トルサデ)をすべて貼り合わせます。

DSC04862

裏板も作っておきます。

DSC04869

ここから仕上げの作業です。
ガラスを重ねてパッケの作業をしていきます。

DSC04870

額のガラス受け部分の高さがそれほどなかったので、クリアーボンドを使って貼り付けました。
額と合わせたら、仕上げに紙を貼っていきます。これで完成。

DSC04868

できた作品はこんな感じです。トラの躍動感みたいなものをビゾー・ファンタジー・トルサデの部分で表現してみました。見る角度によって色が変化したりするので、ちょっと変わった感じに仕上げたいときにはオススメのテクニックです。

 


2015年12月17日 | Posted in ビゾー・ファンタジー・トルサデ | | No Comments » 

関連記事