rifle paperのトラのカードを額装する。(ビゾー・ファンタジー・トルサデ) part.2

DSC04838

前回のつづき。

まずビゾーに使う紙を作ります。

前回しっかりとプレスした黒と金色を貼り合わせた紙を5mm幅でカットします。
(5mm幅でカットするのが面倒なので、5mm幅にカットするシュレッダーでまとめてカットしてます。カッターで切ってもOK。*紙をカットする方向は通常のビゾー・ファンタジーのときの逆で、曲がりにくい方向を横にしてカットするとよりきれいにできます)

DSC04837

このシュレッダーを使うといっきに5mm幅にカットされます。文明の利器のすばらしさを体感できる一瞬です。

DSC04847

カットし終えると、かなりの量になりました。でもあとでわかりますがけっこう使います。
(てきとうに使っていたらあやうく足りなくなるところでした)

DSC04853

使いやすい長さにハサミでカット。

DSC04852

前回作った土台部分の裏側に両面テープを貼ります。

DSC04854

両面テープのシートを剥がして、ビゾーを端から1枚ずつ根気よく貼っていきます。
(隙間なく貼るといいですが、端で合わない場合は適当に合わせればいいと思います)

DSC04855

全部貼って、反対側に向けると現代アートのオブジェみたいなものが出来上がっています。
なんか出てきそうな感じ。

DSC04856

ここからtorsadé(トルサデ「ねじる」)のテクニックです。文字通りビゾーの紙をねじりながら土台の上部分に貼りつけていきます。
(こちらにも裏側同様両面テープを貼っておきます)

どれくらいの間隔をあければよいか?よくわかりませんでしたが、てきとうに両端から貼っていきました。
まんなかに近づいたら今度は中央の紙をねじって貼って、バランスをとる感じでわりときれいに貼ることができる、、、と思います。

DSC04857

貼り終えたら、端をきれいにカットします。

DSC04858

全部貼り終えたらこんな感じです。見る角度によって色が変わってみえて不思議な感じがします。

DSC04848

次にパッスパルトゥを作っていきます。

モザイクの技法を使うので、横幅を9等分にして線を引きます。

DSC04849

厚紙に引いた線の幅で金色の色紙をカットしていきます。

DSC04850

黒の紙も同じ幅でカット。

DSC04851

モザイクの技法で貼っていきます。

DSC04859

裏側の処理をしたらこんな風になります。

DSC04860

とりあえず仮に組んでみるとこんな感じになりました。

ちょっと何かが足りない、、、感じがします。

次回は最終的な仕上げの作業に入っていきます。


2015年12月16日 | Posted in ビゾー・ファンタジー・トルサデ | | No Comments » 

関連記事