ちょっと遅いけれど、the FOUNDのカードを使って秋の額装を作る。part.5

DSC04659

前回のつづきです。

今回こそ仕上げの作業に入っていきます。
まず前回途中だったビゾー・ドロアを完成させていきます。緑の次はピンク。

DSC04661

つづいて赤色の紙を貼っていきます。

DSC04662

貼り終えるとこんな感じになります。
これだけで一仕事した感じです。

DSC04663

まんなかのフェルトのビゾーと高さを合わせるために、端にも同じフェルトを貼ります。

DSC04664

台紙を貼り付けます。

DSC04665

秋の木の実の小物をボンドで貼り付けていきます。平面でないものはサンドペーパーで底を削って平面にして、ボンドをつけやすくします。

DSC04666

全部貼り付けるとこんな感じに。

DSC04667

パッスパルトゥを貼り付けます。

DSC04668

ここから仕上げの作業。
まずはパッケの作業から。4辺にクラフトテープを貼っていきます。

DSC04670

クラフトテープの上から補強のための厚紙を貼ります。

DSC04671

最後にスーヴェール・ア・オングレのテクニックで4辺にブラウンの色紙を貼っていきます。

DSC04673

で、完成!秋らしい額装ができました。もう冬の足音がすぐそばに迫っている、、、のがちょっと残念ですが、なかなかうまくいったような気がします。

DSC04674

斜めからはこんな感じ。ビゾーの部分が奥まって立体的になっているのがわかると思います。

DSC04669

裏面にはグリーティング・カードの裏面を貼りましたよ、と。


2015年11月23日 | Posted in 立体的な山型のテクニック | | No Comments » 

関連記事