テオブロマのパッケージの額装 Part.2

DSC03097

前回のつづき。今回はパッスパルトゥ、ビゾーを作る〜仕上げまでいっきに進んでいきたいと思います。

 

パッスパルトゥを作る


 

まずパッスパルトゥの色選び。黒地の紙なので、モノトーンっぽく白を選択してみました。雰囲気はこんな感じになります。
個人的には白と黒の取り合わせはまずまずですが、どうしても金の箔押し部分に違和感があるように感じられました。
悪くはないけど、中途半端というか。

DSC03098

次に黒を合わせてみることに。こちらも取り合わせは悪くないですが、黒の色ってけっこう微妙で、同じような黒の色の紙を見つけるのがすごくむずかしいです。パッケージの紙がちょっと繊維質がある和紙のような紙なので、キャンソンの黒はあまり合いませんでした。

DSC03099

最後にブラウンをチョイスしてみました。元々チョコレートの入っていた箱なので、チョコレートを連想させるブラウンがいい感じです。ということでパッスパルトゥはライトブラウンの紙を選択してみました。

DSC03101

いつもとはちがう十字のかたちにパッスパルトゥを作っていきます。内側の4つのコーナー部分が重なって分厚くなってしまう場合は重なった部分を少しだけ切り落とします。

DSC03102

あとドキュモンに使ったパッケージですが、元々箱(の蓋)だったこともあって平板なかたちになってくれないので、台紙の紙にボンドでしっかりはりつけることにしました。今回のパッケージはしっかりとした箱だったため紙も分厚かったので、ボンドで貼りましたが、薄い箱の場合はスティックのりやアーティストテープなどで貼った方がいいかもしれません。

 

ビゾーを作る


 

DSC03103

ふつうのビゾー・クラシックとちがい、内側に小さいパーツを作る必要があります。ちょっと立体感を出すために今回はダーク・ブラウンと、クラフト紙の2色のビゾーを作ってみました。

DSC03104

ビゾーの紙を作っていきます。長いものと短いもの含めて全部で12個です。

DSC03105

まず内側の小さいコーナーにビゾーを貼り合わせていきます。内側はぴったりの角度で切ったものを突き合わせで。

DSC03106

こんな感じです。今回は2mmのビゾーですが、ビゾー・ファンタジーのような幅広のビゾーで作るとより立体的な作品になるかもしれませんね。

DSC03107

残りのビゾーも貼ります。色を変えるだけですごい奥行きがでます。(実際はほとんど見えないですが)

DSC03108

全部の紙を重ねるとこんな感じになります。ぱっとみた感じはパッケージの展開したものだとは気づかないかもしれません。

 

仕上げの作業をする


DSC03109

パッスパルトゥが少しさびしい感じがしたので、ゴールドのドットを追加してみました。使ったのはマッキーペイントマーカーのゴールド色です。

DSC03110

クラフトテープでパッケの作業をしていきます。

DSC03111

スーヴェール・ア・オングレで仕上げていきます。

DSC03113

スーヴェール・ア・オングレを貼り終えたら、完成! パッケージの上蓋からこんなすてきな額装作品ができました。

おまけ

DSC03114

裏板には箱が入っていた紙袋の紙を貼ってみました。ムダなく全部使う感じで作品が作れるといいですね。

ということで、テオブロマのパッケージの額装でした。何かデザインの気に入ったケースがあったらぜひ額装のドキュモンとして使ってみてください。


関連記事