レジンを使ってプールの額装をする。part.2

DSC05602

前回のつづきです。

今回はプール部分を作っていきます。
まず前回作った土台部分にアクリル絵の具で色をつけていきます。

DSC05603

側面と底面をしっかりと塗っていきます。
あとでレジン(樹脂)をいれるので、隙間がある場合はアクリル絵の具をしっかりつけて塞ぎます。

DSC05604

上から白のアクリル絵の具で縁をいれていきます。
水とタイルの境界線部分を塗り分けるのですが、マスキングテープを貼ってきちっとやったほうがきれいにいったかもしれません。
(今回は細い筆でてきとうに塗りました)

DSC05605

レジンをいれます。100均のレジンをいくつか買ってきてまとめていれてみました。
*ポイント:結構な量をいれるので換気をしっかりしたほうがいいです。マスクも必須です。

早く制作するためにレジンを使ったのですが、これならいつも使っているリアリスティックウォーターのほうが扱いが簡単だったかもしれません。
予想以上にレジンの量が必要で、大変でした。

DSC05606

レジンをいれた箇所をUVランプで乾燥させて、固めたもの。プールの水面の光沢がでていい感じになりました。

次回仕上げの作業に取り掛かっていきます。


2016年04月21日 | Posted in ビゾー・ドロア | | No Comments » 

関連記事