最近見た映画とか – レヴェナント:蘇えりし者

1

いろいろ話題になっていたので、レオナルド・ディカプリオの「レヴェナント:蘇えりし者」を見ました。
ちょっと今回後悔したのは、映画館のスクリーンで見られなかったこと。
事情があって、映画館で見ることが年に一、二回くらいしかできないのですが、
この映画はDVDで見ながら、映画館で見たら感動が全然違っただろうな〜とぼんやり思ったのです。
しまったなーと。
そういう気分になるほど映像美がすごいというか、場面場面の自然の美しさとか映像を眺めているだけで鬼気迫るみたいな気配をひしひしと感じました。
あー映画館で見たかった。

個人的に見ていていいなと思ったのは、作品のつくりが(ストーリーを含めて)、
コーマック・マッカーシーの小説に似ているな、と思ったところ。

主人公のあり方とか、独特の乾いた感じとか、死があっさりと訪れるひりひりする感じとか。
映画としての出来はちょっとちがいますが、マッカーシーの原作の本もすばらしい「ザ・ロード」とかの雰囲気と似ていて比較しながら見ていておもしろかったです。(あちらも子供を連れてお父さんががんばるストーリーですね)

それにしてもレオナルド・ディカプリオは「ギルバートグレイプ」くらいのころから見ていますが、
すばらしい役者さんになりましたね、、、


2016年10月05日 | Posted in Cinema | | No Comments » 

関連記事