最近見た映画とか – kingsglaive final fantasy XV

2

ネット上の評判がよかったのであまりいく気はなかったFFの映画Kingsglaiveに行ってみました。
全編CGの映画。行く気がなかったのはこの映画と同じ時間軸で展開されるゲーム(FFXV)をやる予定はまったくなかったから。ゲームやらないのに映画だけ見てもな〜と思っていたので候補からは外していたわけです。

でも、上記のように公開されてからネットの評判がよくて、
最近はほとんどゲームをやりませんが、昔はゲームっ子だったので、
もちろんfinal fantasyシリーズもずいぶんやり込んでいた時期があり、
どこまで変化したのかな?という興味が湧いてきたんですね。

で見にいったわけですが、平日だったからかネットの評判のわりに観客は少なくて、
広いホールに20人弱くらい。かなり余裕を持った感じで見ることができたのでよかったです。

内容は、、、ストーリーはいつものFFというかあまり中身のない展開で、
深刻そうな内容のわりに展開だけが早くて重大さがあんまり伝わってこない、、、感じでしたが、
そんな部分はどうでもよくて、
全編CGの映像がただただすごいな〜という、
(海外のスタジオで作っているとはいえ)一応国産の映画でここまでできるんだな〜
というのは純粋に驚きがありました。
お金がかかっているんだなというのもありますが、
この映像でSF系の作品を作ったら世界でも争えそうなのにと思ったりも。
映像でよかったのは(展開が早すぎて何が起こっているのかいまいちよくわからないという問題もありましたが)
重さとか質感みたいなものがはっきりと伝わってきたこと。
バーチャル特有の軽さみたいなものがほとんどないんですね。
この映像をいま話題のVRとかで見たら現実とバーチャルの区別ができなくて、
ほんとのこととして体感できるのかもしれないなと、ちょっと考えさせられました。
技術の進歩ってすごいです。

もう額装もフルCGでいいんじゃないかと思ったり思わなかったり、、、しました。


2016年08月01日 | Posted in Cinema | | No Comments » 

関連記事