今年の干支(サル)のドキュモンを額装する Part.3

DSC04957

前回のつづき。
今回はパッスパルトゥ、ビゾーに色紙を貼って仕上げていきます。

まずは色選びから。パッスパルトゥに使う色を選んでからビゾーの色を決めていきたいなと思いました。
色はドキュモンとなるポストカードのなかの色から選別。まず薄いブルーです。

DSC04958

濃いブルー。ちょっと夏っぽいイメージになります。
ドキュモンのサルの後ろに南国風の葉っぱがあるので、より暑いところのイメージが強調されてしまう感じですね。

DSC04959

その葉っぱ風の色で薄いグリーンを選んでみます。これも悪くはないけれど、しっくりこない感じ。

DSC04960

最終的に黄色にしてみました。ドキュモンの黄色とはちょっと違う色ですが、
ドキュモンとなるポストカードの黄色の方が強い色なので問題はないと思います。
(反対にドキュモンのなかの色より強い色をパッスパルトゥに持ってくると、ドキュモンの色彩が沈んでしまうことがあります。つまり肝心の主役が目立たなくなってしまう、、、ということ)

DSC04968

パッスパルトゥ作りから。
パッスパルトゥの厚紙に黄色い色紙を貼って、裏側を処理していきます。

しっかりとプレスしたら完成。

DSC04961

続いてビゾーです。前回作ったビゾー部分を用意。

DSC04962

色紙を貼る順番を書いていきます。互い違いにグリーンとブルーが出るようにしてみました。

DSC04963

ビゾー45°の横の部分に紙を貼るのはいささか面倒臭いので、
グリーンとブルーのペンで色を塗っておきました。

DSC04964

あとは通常のビゾーの紙を貼っていく手順でひとつひとつ包んでいきます。

DSC04965

コーナー部分はビゾー・クラシックの要領で。

DSC04966

1段目を貼り終えたら、2段目を貼っていきます。
今度はうすいブルーの紙を使います。

DSC04967

2段目までを重ねるとこんな感じになります。

DSC04969

一番下の段を貼るときは少し注意します。写真のようにビゾーの紙の下部分はノリをつけないでそのままにしておきます。

DSC04970

3段完成したらこんな感じになります。

DSC04971

隙間になっているところに黄色い紙を貼っていきます。ここまできたらあともう少し。

DSC04983

3段目 (一番下の段)の処理をしていきます。
裏側だけノリをつけなかったところです。

DSC04984

下の段にもうひとつのパッスパルトゥ(こちらも黄色い紙を貼っておく)を貼り付け、
ビゾーの紙を下のパッスパルトゥまで包んで貼り付けていきます。

DSC04985

裏側はこんな感じ。

DSC04986

全部あわせるとこんなだんだんが出来上がります。
色を変えることで、もっとカラフルな感じにもできそうです。

DSC04988

裏板をつけてパッケをし、仕上げの作業をしたら完成!

小ぶりな作品ですが今年はじめての作品ができあがりました。

DSC04989

ビゾーにいれる切り込みの数や幅をアレンジすることで、いろんなかたちにすることができると思います。


2016年01月06日 | Posted in ビゾー・クラシックのアレンジ | | No Comments » 

関連記事