レゴ(lego)を使って額縁をつくる part.1

dsc05966

今回はレゴ(LEGO)のブロックを使って入れ替えできるフレームを作ってみたいと思います。
まず用意するのはレゴですね。

dsc05967

次に土台部分のレゴを用意します。

土台部分にはLEGO クラシック 基礎板(グレー)を使いました。

dsc05968

入れ替えできるフレームを作るわけですが、
今回は100均や文房具店で売っているA4サイズのクリアケースを中にいれるかたちにしてみました。

クリアケースを上から出したり入れたりできる感じです。

dsc05970

クリアケースを置いて大体の大きさを測ります。

dsc05971

大きさが決まったら基礎板をカットします。
カットするときはアクリル用のカッターを使うといいです。
アクリル用のカッターはとてもよく切れるので、下に厚紙などを敷いておくとよいです。

dsc05972

アクリル板をカットする要領で基礎板をカット。
わりとやわらかいのでかんたんに切ることができます。
*アクリル用カッターは切れ味が鋭いので手を傷つけないように気をつけること。

dsc05973

カットするとこんな感じになります。あまりが出たら紙やすりなどできれいにします。

dsc05976

基礎板の縁の部分にレゴのブロックを並べるとこんな感じに。
A4サイズのクリアケースがすっぽりおさまる感じになります。

今回はここまで、次回実際にフレーム部分を作っていきます。


2016年10月10日 | Posted in DIY クラフト | | No Comments » 

関連記事