結び目のカードとラッピングペーパーで額装する。 part.1

DSC04385

前回紹介した結び目のカードとラッピングペーパーを使って額装をしてみたいと思います。

今回はラッピングペーパーがけっこう大きな紙なので、これを使ってフレームをつくるやり方で作ってみたいと思います。

DSC04390

まず厚紙を用意。オリジナルのフレームの幅を8cmくらいとることにしてみました。
(市販の額縁は太い幅のものはほとんどないので、オリジナルのフレームをつくる場合はわりと太い幅でつくるとほかにないものができあがります)

DSC04391

8cm幅でなかをくり抜きます。フレームにする厚紙は裏側からカッターナイフで切ります。
裏側から切ることで、表の見える部分にカッターの切り込みが入らないようにすることができます。

DSC04392

3mm厚の厚紙に写します。

DSC04393

ビゾー・クラシックの技法をするためにmapedの45°カッターで厚紙を切っていきます。

DSC04394

カットするとこんな感じでビゾー部分ができました。

DSC04395

フレームになる厚紙とビゾー、ドキュモンを合わせてみるとこんな感じに。

DSC04403

フレームになる厚紙にラッピングペーパーを貼ります。

DSC04396

裏板の紙にもラッピングペーパーを貼ります。

フレームにする厚紙、裏板ともにしっかりとプレスします。(できたら1日程度プレスすること)

今回はここまで。次回はビゾー・クラシックの技法を完成させて、仕上げの作業に取り掛かっていきます。


2015年10月27日 | Posted in DIY クラフト, ビゾー・クラシック | | No Comments » 

関連記事