introduction d’encadrement はじめに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

額装ということばをご存知でしょうか?

このことば、私たちの普段の生活のなかではちょっとばかり聞き慣れないものかもしれません。
額縁をつくるのでしょうか?
それとも額を本みたいに装丁する?
額装の作品展を開くと来場された方々からどの部分が額装なのかわからないのだけれども、
どの場所に注目したらいいのだろう? という声を聞くことがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に額装を作っている人たちが説明することに悩むのもその部分だったりします。
額を作っているわけではないですし、絵を描いたりしているわけでもない、となると何をしているといえばいいのだろう?
このように額装のたのしさやたのしみといったものを一言で伝えることはとても難しく、
ときに困難をきわめることもあります。
でも、なにかしら伝える方法はあると思うのです。
本来、額装は作ることも鑑賞することもそれほどむずかしいものではないのですから。
そこで、私たちはまだ広く知られていない額装というものについての簡単な手引きになるようなものを作りたいと思い、この冊子を作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全部で8ページのこの冊子では、encadrement(アンカードルモン、日本ではフランス額装と訳されています)と呼ばれる額装のかんたんな説明(p4)1枚のグリーティング・カードが額装作品になる顛末(p6)2つのパートで額装の世界をまとめています。
額装と呼ばれているものが何からどのような具合に作られているのか、その過程のいったんをわずかながらでもお伝えできることを願って。またこの冊子が額装に興味をもつきっかけになればと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

(Encadreur n°0から抜粋)


関連記事