ビゾー・ドロアで作る昆虫標本風の額装 part.2

DSC06228

前回の続き。
今回はビゾー部分を作り、仕上げの作業を行っていきます。
まずビゾー部分から。スチレンボードの5mm幅に合わせてビゾーに貼る色紙をカットしていきます。
色はカードに近いグレーの色を選択してみました。

DSC06229

スチレンボードに貼っていきます。
スチレンボードはボンドがつきにくいことがあるので、
両面テープを使って貼っていってもいいです。

DSC06230

4辺に貼っていきます。今回は色紙が薄かったのでそのままですが、
紙が厚い場合はコーナーの重なりあう部分を45度にカットしてもいいです。

DSC06231

出来上がったビゾー部分と前回作ったパッスパルトゥを重ねて貼り合わせます。

DSC06232

今回は昆虫標本をイメージしているので、通常の台紙ではなく、
5mm厚のスチレンボードを台紙代わりにします。

DSC06233

スチレンボードの上にドキュモンとなるポストカードを置いてアーティストテープで固定。

DSC06234

合わせるとこんな感じになります。

DSC06235

ここからがちょっとしたアレンジ。
標本なんで、やっぱり針で刺した方がそれっぽくなる気がしたので、
針を用意。

DSC06236

そのままだと長すぎるので台紙部分にくるスチレンボードの厚さを考慮してカットします。

DSC06238

カットするときは針の先が飛んでいってしまうと危険なので、
写真のように余ったスチレンボードなどに針を刺してカットするといいです。
針先が飛んでいかないので安全です。

DSC06237

針をカットしたら、ボンドをつけてドキュモンの上から刺していきます。
個人的に標本をつくったことがなくてよくわからないので、適当に真ん中あたりに刺していきました。

針を刺す前に、カットする前の針で穴を開けておくと楽です。

DSC06239

ひとつひとつ針を刺していきます。

DSC06240

下段も。これで完成。

DSC06241

裏板を作って仕上げの作業をしたら額装の完成です。

DSC06242

以上、標本風の額装の作り方でした。

 


2016年08月11日 | Posted in ビゾー・ドロア | | No Comments » 

関連記事