イケアのフレームの裏板を使った額装 part.3

DSC04030

前回のつづきです。
今回は仕上げの作業に取り掛かっていきます。
まず前回作ったパッスパルトゥとビゾー、それからビゾー・アンベルセの土台を組み合わせます。

DSC04031

ビゾー・クラシックとビゾー・アンベルセのあいだの隙間がちょっと寂しかったので、
くしゃくしゃにしたペーパーをあいだにいれてみました。
ちょっとしたデリカテッセンのイメージです。

DSC04032

しわくちゃにしたペーパーをビゾー・クラシックの厚紙の裏側に貼ります。

このときまんなか部分も切り抜いておくと、
あとでビゾー・アンベルセの土台を貼り付けるときにいいと思います。

DSC04033

ボンドで貼ってもいいですが、
今回はちょっと急ぎだったので両面テープを使いました。
両面テープをビゾーの厚紙に貼って、
裏板に貼り付けます。

DSC04034

土台も一緒に貼り付けます。こちらはボンドでしっかり貼り付けます。
ボンドで貼り付けたら、重石(本とか重いもの)をのせてしっかりプレスします。

DSC04035

3mmの厚紙を使ったことでちょっと分厚くなったので、側面を1mmの厚紙で補強します。

DSC04036

スーヴェール・ア・オングレのテクニックで仕上げをします。
ガラスは使わないので、補強した部分の厚さで紙をカットします。

DSC04037

貼るとこんな感じですね。

DSC04038

側面がちょっと寂しかったので、
内側のビゾーと同じ色の紙を一部に貼ってみました。

DSC04039

スーヴェール・ア・オングレが仕上がるとこんな感じです。

DSC04045

最後にパッスパルトゥに使い捨てのフォークとナイフ(フライング・タイガーの木製の)を貼り付けて、完成!

ガラスやアクリル板を使っていないので、表面が汚れたり、劣化したりしやすいですが、
これはこれで軽い感じでいいんじゃないかと思います。
後ろの支えを使えばかんたんに飾ることもできますしね。

ちょっとした軽いインテリア用の作品を作るときはオススメです。


関連記事