ハロー・ベイビーの額装 Part.3

DSC02970

前回のつづきです。今回はパッスパルトゥづくり〜仕上げの作業をいっきに行っていきます。

まずはじめにパッスパルトゥを作ります。ドキュモンとなっているレタープレスのカードに一部ドット柄のデザインがあったので、白い紙にドット柄をプリントしました。プリントした紙をパッスパルトゥ用の厚紙に貼って、包みます。

DSC02972

プレスしているあいだに裏板を作ります。今回は余った紙を斜めに貼って、その上にグリーティング・カードの裏面を貼ってみました。ビゾーやパッスパルトゥに使った紙のあまった切れ端は細かったりするのでそのままだと使い道があまりなかったりしますが、アイデア次第でこんな風に使うこともできますね。

DSC02973

あとビゾーの紙の側面、ビゾー・ドロアの部分にも紙を貼って行きます。左右はパッスパルトゥと同じドット柄の紙を貼りました。

DSC02974

ビゾー・ドロアの下の部分はカードのデザインに合わせて残った紙を貼ってみました。上辺と同じようにカードのデザインとつなげた感じにすると、ドキュモンと額装部分に一体感がでますね。

 

仕上げの作業に取りかかる


 

DSC02971

それぞれのパーツが出来上がったので仕上げの作業に入っていきます。

その前に、全体的なバランスを見てみたら、ちょっと縦方向に間延びした感じだったので、下を1.5cmほどカットしました。スリムにすることで締まった感じになったような気がします。額縁を使う場合は途中でサイズ変更なんてできませんが、今回はフレームなしの作品なので、こういうことが可能だっただけですけどね。

DSC02975

アクリル板をおうちみたいな形に切ります。上の三角の角部分は尖っているので、紙ヤスリのようなもので少しだけ丸くしておくといいです。(触って痛くないくらい削る)

DSC02976

で、パッケの作業。上の三角の部分がいつもとちがいますが、とくに問題なくできると思います。

DSC02977

スーヴェル・ア・オングレの作業をしますが、その前に側面を厚紙で補強します。これをやるのとやらないのではできあがりがずいぶんとちがいます。

DSC02980

側面にスーヴェール・ア・オングレのテクニックで紙を貼ったら完成です。今回はいろいろ悩んだ結果、クラフトっぽい紙を貼ることにしました。作業の途中で下を細くしたことで、HELLOの文字がちょうど中央のラインに来て、作品が引き締まった気がします。(最初はゾウのイラストが真ん中のラインにくるようにしていたのですが、こちらの方がバランス的にもよかったと思います)家のかたちをした作品なんてかなりめずらしいので、変わった作品を作ってみたいときはオススメですね。

DSC02981

ちなみに・・・裏側はこんな感じです。裏側も人に見せられる!(そんな機会があるかどうかわかりませんが)クラフトなんでそんな遊び心があってもいいと思いますよ。


関連記事