ハロー・ベイビーの額装 Part.2

DSC02935

前回のつづきです。今回はビゾー部分を作っていくことになります。

まずはビゾー・ファンタジーのテクニックのアレンジということで、高さを出さなくてはなりません。
2mm厚の紙とスチレンボードそれぞれにパッスパルトゥの線を写して切り込みをいれていきます。

DSC02936

切り終えて重ねるとこんな感じになります。上辺はビゾー・ファンタジーのアレンジ。
左右と下の辺はビゾー・ドロアになりますね。

ビゾーに貼る紙を選んで行く


 

DSC02964

ビゾー部分に貼っていく紙選びです。今回はカードに使われているのと似た色をチョイスすることにしました。
すなわち、水色、オレンジっぽい赤色、それからゾウのイラストに使われている薄いグレー。

レタープレス独特のかすれたような古びたような色合いの紙を探すのはとてもむずかしいので近い色を選ぶのがいいですが、同じオレンジや青だとしても色合いや質感が少しちがうだけでまったくちがう色のように見えてしまうこともあるため、合わせてみて違和感を感じたら、ドキュモンにまったく使われていない色を選んでみるというのもひとつの手です。

DSC02965

ビゾー部分に一枚一枚紙を貼っていきます。色の組み合わせはグリーティング・カードのデザインに合わせてみました。

DSC02967

隙間ができないように貼っていきます。どちらかの紙にのりしろのような部分を作ってすきまがでないように作ってもいいです。(少しだけ重なる部分をつくる)今回は分厚い紙だったため、重複する部分を作るとそこだけ厚くなってしまったためすきまが空かないように詰めて貼りました。

DSC02968

残りの紙も貼っていきます。

DSC02969

貼り終えるとこんな感じになります。パッスパルトゥの厚紙を載せてみました。HELLOの部分とデザインがつづくようにしてみたのですが、テクニックとドキュモンがつながっている感じだと作品に一体感みたいなものが出て額装のよさが引き出される気がします。

次回は仕上げの作業に取りかかっていきたいと思います。

<つづく>


関連記事