ハロー・ベイビーの額装 Part.1

DSC02884

以前この記事で紹介したHammerPressの”ハロー・ベイビー”のカード。
レタープレス特有のどこかレトロな印象を思わせるけれどやはり現代的な色合いがすてきなカードで、そのやわらかさを感じる色合いが心地よくて思わず手に取ってしまったもの。出産祝いなんて送る宛なんかないんですけどね。

ちょっといいわけをすると、手に取ったとき思ったのは額装のテクニックのビゾー・ファンタジーのアレンジのひとつにこれととてもよく似たデザインのものがあって、このカードを使って試すのもいいかもしれないな、と思ったというのがあったからです。額装のテクニックは種類がそれこそ星の数ほど(ちょっといいすぎかも)あって、あれもこれも試してみたいと思うのですが、いつもそのテクニックに合うドキュモンが手元にあるわけではないのですね。だからかテクニックに合いそうなドキュモンが見つかるとつい惹かれてしまうことがあります。もちろん好きなドキュモンやお気に入りのフレームから作品を作る、、、というのが普通のパターンなのですが、たまにはテクニック重視で作品を作ってみても何か新しい発見があるかもしれません。結果的に気に入った作品ができるなら、ニワトリが先でも卵が先でも関係ないというか。

いいわけその2。このカードはHELLO BABYというタイポグラフィのとおり、出産祝いのカードなのですが、BABYの4文字さえ隠してしまえば、あら不思議、HELLOというグリーティング・カードになるかもしれないなと思いついたのです。ちょっとカードのサイズは小さくなってしまうかもしれませんが、ハローなら別に壁に飾っておいてもおかしくはないし、自転車に乗ったゾウさんたちは愛らしい顔をしているし、これでうまくいくかもしれないな、と思ったのでした。

制作開始!


DSC02885

ということでひととおりエクスキューズを書き終えたので、実際の作業に入ってみます。

まずはパッスパルトゥになる厚紙に設計図を書いていきます。今回は真四角の作品ではなくて、屋根のついた家のようなデザインの作品にしようと思いました。あと、HELLOの部分のギザギザの部分のデザインをテクニックを使って表現していきます。

DSC02886

設計図をより正確にしていきます。通常と異なるかたちの作品をつくる際は、一度最終形を紙の上に書いてみるといいです。それを見ながらバランスを調整していくと失敗が少ないです。

DSC02887

厚紙を切っていきます。

DSC02888

下にくる紙はこんな感じ、このかたちでカードが隠れます。BABYの4文字を消して、HELLOの上のギザギザのデザインを強調してみました。

DSC02889

パッスパルトゥになる紙を切って重ねてみたところです。こんな感じの作品になる予定。

次回はビゾー部分を作っていきます。

<つづく>


関連記事