立体的な山型のテクニックを使ったハロウィンの額装 part.1

DSC04287

そろそろこの記事で紹介したrifle paper co.のハロウィンのカードで額装してみたいと思います。

ちなみに昨年のハロウィンの作品はこちら

テクニックはどうしようと思い、記事のなかで一緒に紹介した秋のデコレーション用のアイテムも使えそうなゴルジュという溝を作るテクニックにしようかなと思いました。ただそのままゴルジュをしても面白くない、と思いパッスパルトゥ上に立体的な山を作るテクニックをアレンジして、三角の溝を作ることにしてみました。

ちなみに立体的な山を作る技法はここに作品を載せています。

DSC04288

ということで、まず山型を作ります。今回は一枚の紙で作るので、まず大きな色紙に設計図を書いて、

DSC04290

山型にできるよう斜めの線を引きます。

DSC04291

のりしろを書いて、

DSC04292

カットします。

DSC04293

折り目をしっかりつけて順番に折っていきます。

DSC04294

全部を折るとこんな感じに。

DSC04295

裏側にしてのりしろ部分にボンドをつけて、貼り合わせます。

DSC04296

全部を貼り合わせるとこんな感じになりますね。山型の逆で、谷ができました。

次回、パッスパルトゥや土台部分を作っていきます。

 


2015年09月28日 | Posted in 立体的な山型のテクニック | | No Comments » 

関連記事