スターウォーズのカードでガラスビーズの額装をする。part.2

DSC05216

前回の続きです。今回は色ぬり、ガラスビーズの固着を行っていきます。

まず色塗りから。アクリル絵の具を使って下地を塗っていきます。
のちのここの色が透明なガラスビーズを透過して見えます。好きな色を塗っていくといいですね。

色ですが、最初はダース・ヴェイダーらしく黒を塗ろうかなと思っていたのですが、
黒一色ではあまりおもしろくないと思い、青と赤の色にしてみることにしました。
ちなみに青は劇中でジェダイの騎士であるルーク・スカイウォーカーの持っていたライトセーバーの色、
赤はシスの暗黒卿であるダース・ヴェイダーのライトセーバーの色です。

DSC05217

左側を青で塗っていきます。変化をつけるために濃い青、薄い青、パール色を混ぜた青の3色でグラデーションにしています。

DSC05218

次に右側ダークサイドにあたる赤色を塗っていきます。こちらも濃い赤、薄い赤、パール色を混ぜた赤の3色を塗っていきました。

DSC05219

色ぬりを終えるとこんな感じに。ムラを少なくする場合は、乾かして何度か塗り直すときれいに塗れます。

DSC05220

完全に乾かしたあと、ガラスビーズ(3mm)をいれていきます。

DSC05221

こんな感じで端まで敷き詰めます。ちょっとくらい隙間ができていても大丈夫です。

DSC05222

次に樹脂であるリアリスティック・ウォーターを入れていきます。紙コップなどに移してゆっくりと注ぎます。
入れる量はガラスビーズがギリギリ浸かるくらいでしょうか。入れすぎるとあとで乾いたときにガラスビーズの模様が出てこないことがあります。

*注意!:樹脂を使う場合は換気をよくして、できればゴム手袋、有機溶剤用のマスクを着用してください。

DSC05223

敷き詰めたガラスビーズの下に空気が入っていたりするとあとで気泡が出てきて樹脂の表面に穴があいてしまうことがあります。
これを防ぐために、気泡をプラスティックの使い捨てスプーンなどでとっておきます。
また樹脂を流し込んださいにガラスビーズが浮かんできてしまうことがあるので、ちょっと浮いているなと思うガラスビーズは同じく使い捨てスプーンで押し込みます。

樹脂を流し込み終えたら、埃が入らないようにして一週間くらい乾燥させます。(1日2日でも乾きますが、量が多いので1週間くらい放置しておくといいです。特に冬場は乾くのに時間がかかるため、できれば暖かい時期にやるのがいいです)あとはちゃんと樹脂が固まることを祈るのみです。May the force be with you(フォースと共にあらんことを)。

次回、仕上げの作業に入っていきます。


2016年02月15日 | Posted in ガラスビーズ | | No Comments » 

関連記事