behind the scenes – 編集後記 Encadreur N°9

DSC05394

今回は先月リリースしたEncadreur N°9の編集後記みたいなものを書いてみたいと思います。

夏のテーマには何がいいかなと漠然と考えていたのですが、
なかなかいいアイデアが出てこなかったので、前から考えていた<旅行>をテーマに選んでみました。やはり夏といえば休みで、休みといえば旅行、みたいな感じがしたからです。

テーマは<旅行>に決まったわけですが、そこからいっこうに先に進まない展開になりました。
<旅行>とひとことでいってもいろいろあるわけで、いままで自分がいった世界の国々なんてたかだかしれてますし、ヨーロッパ圏の話ばかり書いてもなんだかほかの世界の国々に悪いなという思いがしたからだと思います。いっそのこと飛行機とか乗り物とかを中心にしようかなとか、ホテルのルームキーだとか飛行機に乗るときの耳栓だとかスーツケースだとか旅行にまつわるもので作ろうかとも悩みましたが、最終的にやっぱり世界の都市で作ろうと思い、ヨーロッパ(パリ、ロンドン)、アメリカ(ニューヨーク)、アジア(日本)、オセアニア(オーストラリア)とまあそれなりにいろんな都市を取り上げることができたのでほっとしてます。
もちろんアフリカがないじゃないかとか、南アメリカは?とか中国やインドやらほかの世界のたくさんの国々があるじゃないかと思われることもあると思いますが、そこら辺は今後第2弾的なものができたらなと思っています。

今回の号で個人的に気に入っているのはニューヨークを舞台にした作品です。作品自体も我ながらうまくいったなと(自画自賛)思ったりしているのですが、それとは別に作成中に調べていてたまたま見つけたのですが、ニューヨークの図書館が所蔵している古地図などのデジタルデータを公開しているサイトで、これを見つけたときは作品づくりそっちのけでデータばかり漁っていました。自分の作品には使えませんでしたが、これなんかとても味があっていいなあと。こういう額装に利用できそうなデータが外国のサイトにはいろいろあったりするので、悩んだらネットで探してみるというのもひとつの手法だなと思いました。(あくまでも個人的な趣味の範囲で利用する必要がありますが)

次号の10号は9月リリースを予定しています。


2016年07月22日 | Posted in Behind the Scenes, Encadreur N°9 | | No Comments » 

関連記事