Encadreur N°8 – Vélo(自転車)

velo

今回のアンカードラーのテーマはVélo(フランス語で自転車の意)です。

さて自転車というと何を思い浮かべるでしょうか? 人によっては子供のころ補助輪のついた自転車にのったとき家族に背中を押してもらったことだったり、はじめてひとりで隣町まで行った記憶だったりするかもしれません。あるいは通い慣れた通学路の思い出や2人乗りをして街をまわったこととか。

個人的には自転車というとイギリスのバンドQueenの「バイシクル・レース」の軽快なコーラスを思い出します。あるいは同じ音楽つながりでいえば、Kraftwerkの「ツール・ド・フランス」というのもあります。これはクラフトワークが山々の合間を何日もかけて疾走する世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」をイメージして製作したアルバムです。

自転車は日常的なものから過酷なスポーツまで幅広く私たちの生活に関わっています。ほかにもたとえば荷物を携えて都市を馳けまわるメッセンジャーたちの存在も忘れてはなりません。彼らは網のような目のような都市の道路を知り尽くし、最短の道を通って人々の元に依頼品を届けます。

本号ではそんな自転車と額装の関係について考えていきたいと思います。まず最初にオランダのHet Paradjisの自転車のカードを使ってビゾー・クラシックのシンプルな額装を作ります(Cycling, cycling, cycling…)。次にカードと立体的な模型をひとつの作品として額装する(Penny Farthing)、ジャン=ジャック・サンペのポストカードを使って作るツール・ド・フランスをイメージした額装(Tour de France)へと続きます。

裏面では額装の代表的なテクニックであるビゾー・クラシックの作り方の紹介(Technique)、自転車と関係したポストカードなどのドキュモンの紹介 (Document Hunter)。最後に山をサイクリングしているポストカードとガラスビーズを使った額装のショート・ストーリー(Avant//Après)というラインナップになっています。  この世界には実に多くの自転車好きがいて、自転車の競技者たちがいて、生活に自転車を必要としている人たちがいます。自転車を使っている人もそうでない人も、この暖かくなってきた季節に自転車に乗ってサイクリングをしてみたり、自転車に関わる額装をしてみてはいかがでしょうか。


2016年03月04日 | Posted in Encadreur N°8 | | No Comments » 

関連記事