Behind the Scene – Encadreur N°10 編集後記

dsc06138-1

先月リリースしたアンカードラー N°10の編集後記。

9月なので秋のイメージになにがいいだろうということでテーマにパンを選んでみました。
いざ選んでみたわけですが、朝食でいつもパンを食べているわりにあまりパンのことに
ついて知らないことが多かったので、この際いろいろ調べてみることにしました。

まずはパンを作るところからはじめよう。
パンの作り方を知ったらパンへの理解に近くはず。という感じで。

パンの作り方についてはわりと流行りの梶 晶子さんの本を本屋で見つけてきて参考にしました。
なれないうちは分量とかぜんぜんわからず(いまでも打ち粉のバランスがわからない)
まあそれでも2回3回続けているとだんだんとコツのようなものもわかってきて、
見た目はアレですがそれなりにおいしいパンを作って食べることができるようになりました。
額装にかぎらず何かを自分で作ってみるのはたのしいです。

dsc06149

パンってわりと流行りなので、ドキュモンの類もわりと身近にいろいろとありました。
ただむつかしかったのはそれだけだとパンチがないというか、
パンだけだとなんだかよくわからないものになってしまうことでした。

パンをテーマにした作品を作る場合は、
好きなお店のロゴ入りの紙袋を使うとか、
テーブルクロス的な色紙とか、
ドキュモンをただいれるだけではなく、
+αの要素を加えてあげたほうが、
作品としては作りやすいかもしれません。

次号の11号は12月リリースを予定しています。


2016年10月14日 | Posted in Encadreur N°10 | | No Comments » 

関連記事