document hunter – season paperのグリーティング・カード

DSC03434

フランスのseason paperの動物のグリーティング・カード。

カラフルなフクロウのむれとキツネのむれ。何か詰め込まれている感じがおもしろいなと思って手に取りました。

フクロウのカードに書いてある”coucou”はカッコウ?の意で、キツネの方に書いてある”bisou”はフランス語でキス。なんだか意味がよくわからないですけれど、カードがおもしろいからまあいいやと思いました。

ただカードを手に取るときは、大抵の場合どんな感じに額装できるだろうかというみたいなおぼろげなイメージというか青写真のようなものを頭に思い描くのですが、このカードを見たときはとくにこれといったテクニックや技法が思いつかなかった記憶があります。ほんとなんで手にとったんだろう、と過去の自分に聞いてみたい気も。正直にいうといま見てもさてどんな風に額装したらいいだろうか皆目見当がつかない感じです。

こんな柄のラッピングペーパーみたいな大きな柄の紙だったら用途はたくさん思いつきそうなのですが(パッスパルトゥに使うとか、額自体に貼って使うとか)、手のひらにおさまるほどの小さなカードではそうした使い方は期待できません。そのまま普通に額装するのが無難ですが、それもなんかつまらない感じがします。ほかにも額装しやすそうなカードはあったはずなのに、なんでわざわざこの二枚を選んだのか不思議です。マトリョーシカみたいなふくろうと、遠くからみたら黄色のまだら模様にしか見えないキツネたち。挑戦しがいがあるといえば挑戦しがいがあるので、何か技法を思いついたら額装してみたいと思います。


2015年05月20日 | Posted in Document | タグ: , , , No Comments » 

関連記事