document hunter – バレンタイン、チョコレート、キャビア

DSC02703

プレゼントしてもらったテオブロマのキャビアのケースに入ったチョコレート。

調べたら元々大きいサイズのキャビアの缶だったのが、ミニサイズで復刻されたもののようですね。

全然知りませんでした。もっといろいろとチェックしないとダメですね。。。

それぞれなかに粒状のチョコレートが入っていて、なかにはシリアル入りのチョコもあるそうです。

もちろん、食べることにも興味を惹かれますが、、、どうしても額装をやっているとついつい缶やケース自体といったパッケージに目がいってしまいます。このミニ缶を使ったらどんな額装作品ができるのかな? とかこのパッケージのケースの黒と金色を利用して何かモダンな額装ができないかな・・・と頭のなかで思考がはたらいてしまうのです。これは額装家の特権みたいなもので、一粒で二度おいしいということ。

 

プレゼントを額装するということ


DSC02733

いただいたものを額装して作品というかたちとして残すとのちのちまで記憶として残るので、いいことなんじゃないかなと思います。額装するときもたんにありあわせのドキュモンで作品を作るときより、いただいたときのうれしい気持ちとかそこに至るまでのストーリーみたいなものがついてくるので、作品をイメージしやすいという部分もあります。それにできた額装作品をお返しすることだってできるかもしれませんね。

▲追記

テオブロマのパッケージの額装

part.1

part.2

テオブロマのミニキャビア缶を使った額装(ガラスビーズの額装)

part,1

part.2

part.3

part.4


関連記事