イケアのフレームの裏板を利用して丸いビゾーの額装を作ってみる part.2

DSC05369

前回のつづきです。

今回はビゾー作りと仕上げの作業。
まずはパッスパルトゥに黄色い紙を貼ります。

DSC05370

しっかりプレスしたあと裏面を処理したらパッスパルトゥの完成。

DSC05374

肝心のビゾーを作っていきます。
丸くカーヴしたビゾーなのですが、ちょっと最初に想定していた感じとちがっていて、
額装で使うような色紙だとうまく曲がらなくて、代わりにペラペラの薄い紙を使いました。
裏地が透けて見えるくらいの薄い色紙です。これでビゾー・クラシックのような紙を作ります。

DSC05373

幅は折りまげたとき一方がちょっと長めの方がやりやすいです。長い方が2cm以上あるといいかもしれません。

DSC05375

ビゾー・クラシック(45°のビゾー)と同じようにビゾーを貼っていきます。
重なった部分はパッスパルトゥをのせてポワンテの作業をします。

DSC05376

貼り終えるとこんな感じになります。

DSC05377

横からはこんな感じ。薄い紙だったのでコーナーがきれいにできませんでした。
改良の余地ありです。

DSC05378

ドキュモンを合わせるとこんな感じになります。ビゾー・クラシックより丸みがある分ふわっとやさしい仕上がりになります。
このときイケアの裏板ボードも両面テープなどで裏側に貼り付けておくといいです。

DSC05379

続いて仕上げの作業。スーヴェール・ア・オングレのテクニック用の色紙をカットします。

DSC05380

側面に貼っていって、

DSC05382

全部貼り終えたら完成!

初めての挑戦でしたがなんとかかたちになりました。

DSC05383

裏板に支えがあるので、こんな風に立てて飾ることができます。

思いつきだけで始めたので途中うまくいかないところがいくつかありました。
次回はそのあたりも考慮しながら改良してみたいです。

修正が必要だなあと思った点

・丸い木の棒の下に1mmの厚紙を貼って土台にしたため、1mmの厚さ分ビゾーが太くなってしまった。
・当初黄色に合うブルーの紙でビゾーとスーヴェール・ア・オングレを作るつもりだったけど、ちょっと厚めの紙ではカーヴがきれいにでない(紙が折れ曲がってしまう)ため急遽薄いピンクの紙を使わなくてはならなかった。(和紙みたいなやわらかい紙の方が曲面に沿って曲げやすいと思います。あと今回は5mmの棒を使ったため、カーヴする場所がとても細かったので、厚めの紙では曲がりにくかったのかもしれません)
・薄い紙だとビゾー部分の下地の木の色が透けて暗くなってしまった。対策として木の部分を白く塗ったりする必要があるかもしれません。

関係ないですが、木をそのままビゾーに使うというのも作っているあいだおもしろいかもしれないなあと思ったりしました。


2016年03月17日 | Posted in カーヴしたビゾー | | No Comments » 

関連記事