カルム・ギャラリーのポストカードを使った雲の額装 part.3

DSC03739

前回のつづき。
今回はパッスパルトゥを完成させて、仕上げの作業(スーヴェール・ア・オングレ)に取り掛かっていきます。

まず前回選んだドット柄の紙をパッスパルトゥの紙に貼ります。

DSC03740

しっかりプレスをしたあと、裏側の処理をしていきます。
今回貼ったドット柄の紙は、和紙のようなうすい紙だったので曲線を貼るのはずいぶんとかんたんでした。
分厚い紙だとこうした曲線を貼るのが少し難しくなります。

DSC03741

貼り終えたあと再度プレスして完成させます。
できたパッスパルトゥを合わせてみるとこんな感じになりますね。
パッスパルトゥと土台をボンドで貼り合わせます。
ドット柄を使ったことでちょっとポップな感じになった気がします。

また台紙の紙にフネートル・イマージュを写して、ポストカードをテープで貼っておきます。

DSC03749

裏板も作っておきましょう。
パッスパルトゥの紙に合わせて、裏板にもドット柄(パッスパルトゥの紙と逆バージョン)の紙を貼ってみました。
同じような紙で色違いだと、表と裏という風に見えるのでおもしろい感じになると思います。

DSC03750

クラフトテープでパッケの作業をしていきます。
アクリル版、パッスパルトゥ+ビゾー、台紙、裏板をまとめて、クラフトテープでとめます。

DSC03751

側面に補強のための厚紙を貼っていきます。

DSC03766

ビゾーに使ったのと同じ白い色紙を使って縁にあたるパーツを作っていきます。
今回は雲をイメージしているので、デコーレション用のクラフトはさみを使います。

DSC03768

Large Scallopという模様をつけられるデコレーション用のはさみ。
Scallopとはホタテ貝の意味らしく、大きなホタテ貝の模様ということでしょうか。
これでカットするとやわらかいカーヴの模様がつきます。

DSC03767

こんな感じの柄がでますね。

DSC03769

スーヴェール・ア・オングレの技法でふちを作っていきます。

DSC03771

4辺とも貼ったら完成!

パッスパルトゥを好みのかたちに切り抜くことで、ちょっと変わった印象を与える作品を作ることができます。


関連記事