book, book, book, book, 『シャーロック・ホームズの思考術』マリア・コニコヴァ著

DSC05198

久しぶりに新刊を手にとってみました。
『シャーロック・ホームズの思考術』マリア・コニコヴァ著。

タイトルだけでも興味を惹かれる感じです。

DSC05200

一応、原作のタイトルは「mastermind」で、シャーロック・ホームズ作品を使って心理学におけるマインドフルという状態を解説していく内容になっています。

DSC05199

参考になるなあと思ったのは人間の思考を「ホームズ・システム」と「ワトソン・システム」にわけて考えること。

直観的になんでも首をつっこんでしまうのがワトソン・システムで、ゆっくり理性的に思考するのがホームズ・システムみたいな感じです。
人はだれもがこの二つのシステムを持っているのですが、どうしても直観的なワトソン・システムを使ってしまうことが多いそうです。
それをちょっと立ち止まって客観的に物事を捉えて、注意力と想像力を働かせた思考方法をしてみよう!という方法論みたいなものが書かれています。

飽き性な自分としてはこの考え方はとても参考になります。

またパートごとにシャーロック・ホームズの作品から例がとられているので、
こんな記事も書いているシャーロック・ホームズ好きとしては、
久しぶりにホームズの諸作品を読み直したい気分になりました。


2016年02月18日 | Posted in Book | | No Comments » 

関連記事