book, book, book, book – パトリス・ジュリアン著「物語の主人公になる方法」

DSC05838

タイトルに惹かれてこんな本を手にとってみました。
著者はフランス人のパトリス・ジュリアン。
たしかボーダー柄の服きていて、ライフ・スタイル提案している人だよな、くらいの前知識しかなくて、
表紙に日本のだるまの写真というのもかなり不安を追加する要素で、
どうだろう?と思いながら読みましたがわりとよかったです。

DSC05839

内容は自己啓発系の本です。
でも、よくある自己啓発本とちがって、ちょっと切り口がゆるいというか、
頭のなかでイメージしやすい感じで書かれてあるのはよかったですね。
途中でイラストつきのメモ書きコーナーがついているのもたのしみながら進めていく感じがして好印象でした。

DSC05840

やっぱり自己啓発本というとこういう「7つの習慣」みたいな感じになりがちですが(これはこれで内容はいいんですが)、
こういう普通の自己啓発本は成功しよう!的な感じが強いので正直読んでるとしんどくなってきます。
(ページ数も多いし、帯に「永遠の人間学」とか書いてあるし、手に取るだけでずっしりと重く圧倒されます・・・)
その点、今回のこの本はそういう固い感じじゃなくて、自分の生きたいと思う人生に近づけるには、
自分の人生を物語的に考えてみようみたいな哲学的な(でもかなりゆるい)アプローチで書かれていたので、
そういうところはずいぶんと参考になりました

DSC05841

余談ですが、最初に手に取った理由は、タイトルから上の写真のような物語の作り方的本だと思ったのですね。
物語の構造とかが好きなので、分析本はわりと見つけたらなんでも手に取っているので。

でタイトルだけ見て選んで、中身読んでああ間違えたな、と思ったのですが、
結果的に今回はいい間違いの方だったので、よかったなという感じです。


2016年06月16日 | Posted in Book | | No Comments » 

関連記事