book, book, book, book, – 「生きるとは自分の物語をつくること」

dsc06408

河合隼雄さんの対談集を見つけたので読んでみました。
お相手は作家の小川洋子さん。
個人的に日本の作家の作品はあまり読まなくて、小川洋子さんの作品は唯一「博士の愛した数式」を読んだことがあるだけでしたが、対談のなかに出てきた作品がちょうどこの「博士の愛した数式」だったのでよかったです。

dsc06409

個人的に対談集を読むのが好きで(ほかにもインタビュー形式の対談とかも)、
河合隼雄さんのだと「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」とか「心の処方箋」もすばらしいです。

インタビューよりもこうした対談集の方がことばのキャッチボールみたいなものを目にすることができて、ちょっとした小難しい本を読むのに疲れたときなんかに読むと心が休まる気がします。


2016年10月03日 | Posted in Book | | No Comments » 

関連記事