一枚の色紙で8角形のビゾーをつくる part.3

dsc06328

前回のつづき。
今回はパッスパルトゥの作成⇨仕上げの作業をしていきたいと思います。

まずパッスパルトゥになる厚紙に色紙を貼ります。
色はメッセージカードのなかのイラストに使われているオレンジっぽいカラーに似た色を選択。

dsc06329

しっかりとプレスしたあと、裏側の処理をしていきます。
ヘラでしっかりと貼り付けて、もう一度プレス。

プレスを終えたらパッスパルトゥの完成です。

dsc06330

プレスするあいだに裏板も作ります。

dsc06333

パッスパルトゥとビゾー部分をボンドで貼り合わせて(再度プレスして)、ガラス+裏板と合わせてパッケの作業をします。

dsc06335

フレームにいれたら、仕上げの作業。釘打ちをして固定したあと、クラフトテープなどで裏側をきれいにします。それが終わったら完成です。

dsc06332

技法的にはシンプルですが、立体感のある作品になりました。角度があるので(高さが1cmビゾーの幅が1cm)ほどよい奥行きが生まれます。使う色紙によっては宝石のようにみえるかもしれません。

以上、8角形のビゾーのアレンジバージョンでした。


2016年09月15日 | Posted in 8角形のビゾー・アレンジ | | No Comments » 

関連記事