8角形のビゾー・ファンタジー(チーズの額装) Part.3

DSC02296

チーズの額装のつづき。今回は仕上げの作業に取りかかります。

パッスパルトゥーがリップルボードだけだと少しさみしい感じがしたので、カマンベールチーズの包み紙みたいなものをイメージして、しわくちゃにしたトレーシングペーパーをちぎって貼ってみました。

DSC02297

全部貼るとこんな感じになります。パッスパルトゥーのウラ側にボンドでつけて、オモテに返しています。

DSC02298

つぎに今回のメイン、つまるところドキュモンであるチーズのケースを貼っていきます。チーズの箱自体それなりに高さがあるので、スチレンボードなどで高さを出します。
まず土台となる厚紙にブラウンの紙を貼って、つぎにしわくちゃにしたトレーシングペーパーを重ねて、それからケースを貼付けました。

こうした立体物を貼付けるときは、裏から短い釘などで落ちないように固定するといいです。

DSC02299

テクニック部分を重ねてみるとこんな感じです。

DSC02302

今回は額縁を使わず、スーヴェール・ア・オングレのテクニックで包んでいくので、まずアクリル板、額装したもの、裏板を重ねてクラフトテープでパッケの作業をします。高さのある作品の場合側面が凸凹してしまうので、厚紙などで補強します。

DSC02303

スーヴェール・ア・オングレのテクニックで、4辺をブラウンの紙で整えたら完成です。

チーズのケースみたいな普通ならゴミ箱にぱっと捨ててしまうようなものでも、デザインがよかったら額装して作品にするとインテリアとしてリサイクルすることができるのでオススメです。


関連記事