古本の額装(レイモンド・カーヴァーの「Will You Please Be Quiet, Please?」) Part.2

DSC02780

前回のつづきです。

今回はビゾー・クラシックのテクニックの作業をしていきたいと思います。
まずMAPEDの45°カッターを用意。

 

ビゾーを45°で切る


DSC02788

紙に重し(切るときに邪魔にならなくて、重いものならなんでもOK)を置いて45°カッターで4辺を切っていきます。はじめはゆっくり紙に筋をつけていくように切り、ある程度切れたら少し力をいれて紙の層をひとつひとつ切っていく感じで腕を引きます。

DSC02789

4辺を切るとこんな感じになります。これで45°のマットが完成。切って余った紙も別のテクニックで使えることがあるので残しておくといいでしょう。

 

ビゾーに自分の好きな色をいれていく


 

DSC02790

まず前回作ったパッスパルトゥの紙を合わせてみます。合わせるとこんな感じ。

いま内側に白く見えているところがビゾー部分です。ここに好きな色をいれていきます。

DSC02792

まずドキュモンのなかにある色とちかいブルーをいれてみます。とてもきれいな紙なんですが、組み合わせてみると目立たないためか汚くみえます。

DSC02793

もうちょっと暗いブルーをいれてみます。これはわりと悪くない感じです。
ただちょっと地味というかビゾーを境界線のように使いたい場合はちょっとイメージとちがいます。

DSC02795

濃いブルー。写真だとわかりにくいかもしれませんが、全然合ってない感じ。ドキュモンがかすれた感じの質感で、パッスパルトゥがオールド・ペーパーのイメージなので、ちょっと原色にちかい色はきれいに見えないのかもしれません。

DSC02794

趣向を変えてブラウンの紙をいれてみました。悪くない感じですが、無難な感じです。どうしても迷ったときはクラフト紙とかこういうブラウンの紙を選んでおくと外れることが少ないですが、面白みがない感じになってしまうことが多いです。

DSC02791

最終的に今回は濃いパープルの紙を使うことにしました。

選んだ理由は2つ。

・紫色がドキュモンに使われている色、ブルーとレッドのどちらの色の要素も含んでいる
・パープルの色は普段滅多に使わない。使わない色を使うのはちょっとしたチャレンジになる

です。2つめの理由の補足として、好きな色ばかりを選んでいると同じような色の作品ばかりを作ることになってしまうことがあるからです。もちろん、せっかく作るのだから好きな色をえらぶことも大事です。が、たまには毛色のちがった色を使ってみることで新鮮な気持ちになれたり、自分のちがう側面を見ることができたりすることがあったりします。僕にとってパープルはそういう色ですね。

 

色を決めたら実際にビゾーを作ってみる


DSC02798

ビゾーに使う色紙が決まったら必要な幅に切って折り目をつけます。

DSC02801

角をギャバリーでカットして、

DSC02800

45°でカットした斜断面に合わせていきます。

DSC02802

これを4辺分つくります。

DSC02803

ひとつひとつボンドで貼っていきます。

DSC02804

でビゾーの完成。

このままだとボンドが完全に乾いていないので、しっかりとプレスをします。額装はこのボンド貼り→プレスの繰り返しですね。

DSC02805

プレスしているあいだ裏板にもパッスパルトゥと同じように紙を貼っていきます。

次回は仕上げです。

つづく


関連記事