作品展のための額装(Het Paradijsの犬のカード) Part.4

DSC02073

作品展のための額装のつづき。前回までで額装のテクニック部分が完成したので、今回は作品に合ったオリジナルのフレームを作っていきます。

まずフレームのサイズを決めてから、厚紙をカットします。今回はフレームの幅を4cmにしました。4cmとなるとけっこう分厚い額になります。また額装のテクニック部分に高さがあるため、フレームの高さも3cmほどにすることにしました。ハンドメイドでフレームを作ると高さや幅を自由に決められるのがいいですね。

DSC02074

ガラス受けの部分の幅を考慮して、段ボールを切っていきます。3cmの厚さともなるとかなりの本数が必要となります。

DSC02076

切り終えたらピラミッドを作るかのごとく段ボールを土台の厚紙に積み上げていきます。今回は段ボールの長さが短かったので、つぎながら貼っていきましたが、普通のフレームみたいに角を45°でつなぎ合わせるとよりしっかりとした強度のフレームになります。

DSC02077

できあがりはこんな感じ。きちんと測っていたので、テクニック部分もちゃんと収まります。

DSC02078

ただこのままの状態だとかたちが悪いですし、サイドの部分がきたないので、1mm厚の厚紙を側面に貼っていきます。

DSC02079

次にフレームに貼る紙選び。今回は犬のポストカードを使っているので、動物の毛っぽいスキバルテックス(SKIVERTEX)をチョイスしました。

DSC02080

先ほど作ったフレームに貼って、プレスします。

DSC02081

貼り付いたら、今度は側面と裏面も貼っていきます。すると四角い箱型になります。

DSC02082

内側を切り抜いて、きれいに貼って行きます。フレームが完成するとこんな感じになります。

DSC02083

テクニック部分をパッケして組み合わせるとこんな感じになりました。

この作品はEntree□Sortieで行われる作品展に出展予定です。


関連記事