作品展のための額装(Het Paradijsの犬のカード) Part.1

DSC01986

先週作り始めることに決めた作品展に向けての額装です。完成作品は、11/27〜11/30のあいだアントレ□ソルティにて展示する予定です。
いきなり言い訳になってしまいますが、今年はいろいろと別のことに取りかかっていたので、作品展用の額装についてまったく頭にないまま11月を迎えてしまいました。昨年の作品展ではK2という山を作るテクニックにカルトナージュのテクニックを応用して本のようなかたちになる額装をしたので、今年も何か使ったことのないテクニックで作品を作ってみたいと思います。

ということで、今回はこのロリポップを持ったワンちゃんのポストカードを選んでみました。昨年の作品と同じHet Paradijsのポストカードです。ここのカードは少し前にも使いましたが、かわいい手書きのイラストにちょっとシュールな内容を組み合わせたものが多くて気に入っています。

DSC01987

まず45°で厚紙を切っていきます。これはあとでビゾー・クラシックになる予定です。あまり深い考えもなく進めていますが、たぶん大丈夫だと思います。

DSC01988

45°をカットし終えたらこんな感じになります。去年もそうでしたが、今年もドキュモンになるカード以外はすべて手作りで作ろうと思っているので、順序どおりではなくバラバラにパーツを作っていくことになります。

DSC01989

厚紙に線をいれます。カードのひとまわり大きい感じで。

DSC01990

4つの角を残して、カットします。写真だとよくわからないかもしれませんが、この厚紙は先ほど作りかけた45°の厚紙の下にくる予定です。

DSC01991

ポストカードと似たピンクのドットの紙を貼ります。ラッピングペーパーみたいな薄い紙なので貼るのがとてもむずかしいです。少しシワになるのも気にせずしっかりとプレスします。

DSC01992

プレスを終えて、裏側の処理をするとこんな感じに。ピンクのドットがきれいに出ています。といっても最終的にはほとんど隠れて見えないのですが。。。

DSC01993

今度はスチレンボードを切り抜いて、重ねていきます。5mm厚のスチレンを重ねるとこんな風に箱みたいな高さを出すことができます。

DSC01994

くりぬいた残りのスチレンを切りそろえて貼り合わせます。これはあとでポストカードの台座になります。

DSC01995

仮組みした感じ。せっかくのピンクのドット柄はほどんど見えませんね。つぎはそれぞれの紙に色紙を貼って行きます。

つづく


関連記事