ムーミンの額装(ビゾー・ペロケ) Part.3

DSC02594

前回のつづき。今回はビゾーを作って、ビゾー・ペロケの作品を仕上げていきます。

まずはビゾーに使う紙を選びます。ビゾー・ペロケのビゾーにはわりと厚めの色紙を使うといいです。薄い紙を使うとビゾーのかたちが崩れてしまうことがあるためです。

とりあえず厚めの紙を選んでみましたが、ちょっとさびしい感じがしたので、ムーミンの解説文のフィンランド語版を印刷してみました。

DSC02595

4辺のビゾーに使う紙を8cmの幅で切って、真ん中で折っていきます。

DSC02597

それぞれの辺の長さに合わせて整えていきます。

DSC02598

マスキングテープで仮止めしたところ。
パッスパルトゥーの紙をのせて、ポワンテの作業をします。

DSC02599

印を打ったところでカット。

DSC02600

再度、パッスパルトゥの紙を合わせて確認します。4つの角がきちんと合っていればOK!

DSC02601

ボンドでビゾーを貼っていきます。ビゾー・ファンタジーのときと同じようにボンドをつけすぎないように貼ります。

DSC02605

4辺貼り終えたらしっかりとプレスします。可能なら一日くらいプレスしておくといいです。

DSC02606

裏板を作ってパッケをし、額におさえたら完成!夏っぽいムーミンになってしまいましたが、これはこれでいいかなあと思います。


関連記事