ムーミンの額装(ビゾー・ペロケ) Part.1

DSC02569

前に紹介したムーミンのポストカードで額装作品を作ってみたいと思います。テクニックはビゾー・ペロケという額装の基本的な技法のひとつを使います。使用するポストカードのムーミンが右方向に走っていく感じなので、右側に流れていくようなイメージの作品にしていく予定。

今回使用するのは北欧つながりで、イケアの白い額を使います。中身はフィンランド、外側スウェーデン。イケアのSÖNDRUMというシリーズのフレームですが、シンプルな白で内側にちょっとかわいらしいアクセントがあって雰囲気を出しやすい気がします。

DSC02570

イケアの額を額装で使うときは額の内側にある爪をはずす必要があります。この爪はペンチなどで引っ張ってやると簡単に外れます。

DSC02572

まず紙にビゾー・ペロケの簡単な下書きをします。完成形はちょっとちがいますが、だいたい雰囲気はこんな感じになりますね。ビゾー・ペロケは動きを表現したいときに使えるテクニックなので、車とか電車とか動きのあるドキュモンに応用されることが多いです。(もちろん動きを表現しなくてはならないということはなくて、たんにデザイン的に使ってもいいですけど)

DSC02573

下書きした紙を切り抜いて、ほかの紙に写していきます。今回はテクニック部分だけでも1mm厚紙3枚、2mm厚紙1枚、スチレンボード1枚を使います。

DSC02575

写した紙の四角の点を結んで菱形にします。

DSC02576

カッターで切り抜いていきます。

DSC02577

紙を全部切り抜くとこんな感じになります。2mm厚紙とスチレンボードは写した四角よりも1cmほど大きく切ります。

次回は紙の色選びとビゾー部分を作っていきたいと思います。

つづく


関連記事