マルチ・フネートルの額装(Ferme A Papierのカード) Part.3

DSC02054

マルチ・フネートルの額装のつづき。今回は仕上げの作業です。

2段のビゾー・クラシックのあいだにいれるフィレを作っていきます。まず使う色紙を細く切って半分で折り、貼付けます。パッスパルトゥーの色に合わせて、ブルーにはブルーのフィレ、ブラウンには濃い赤色の紙を選択しました。ブラウンの方を少し赤くしたのは、試してみたところ赤の方がラインがくっきりと出る感じがしたからです。

DSC02052

つぎに厚紙に1mmほど内側の線を引きます。このラインに合わせてフィレを貼ります。

DSC02053

ず上下の2枚を貼った状態。貼り終えたら左右のフィレも貼っていきます。それをふたつのフネートル両方に行います。

フィレのテクニックはちょっと締まりが足りないとき、強い色をいれてあげるとドキュモンやビゾー部分のラインが強調されてよりくっきりとした作品になります。今回は4辺同じ色を使いましたが、作品によっては辺ごとに色を変えてみてもおもしろいと思います。

DSC02055

角の処理を行います。きれいに45°で切ってつきあわせて貼っていきます。これを4つの角、合計8カ所行います。これでフィレが完成します。

DSC02056

完成したフィレを含めて全部を合わせてみた感じです。2段のビゾー・クラシックのあいだのラインが強調された感じになりました。

DSC02057

ちょっとこのままだとパッスパルトゥーの部分がさみしい・・・感じがするので、ゴールドのペンでドキュモンのなかにあるドット柄の模様を描いていきます。きちんと描くよりも少しランダムに描いた方が手作り感が出ていいですね。

DSC02058

ドットを描き終えるとこんな感じです。星空みたいな感じになりました。

DSC02060

完成はこちら。今回は2枚のグリーティングカードからマルチ・フネートルの作品を作ってみました。こんな風に似たようなカードをひとつの額に収めるとちょっと特別な作品になると思います。


関連記事