バレンタインの額装 Part.2

DSC02527

前回のつづき。ビゾー・ドロアとビゾー・クラシックのアレンジ・バージョンを作っていきます。まず黄色の色紙をカットして、カードのかたちに切り抜いたスチレン・ボードの内側に貼っていきます。(黄色を選んだのはカードのなかに描かれた花のひとつが黄色だったため)

カーヴの輪郭に紙を貼っていくので、細かい切れ目をはさみでいれていきます。細かくすればするほど丸い部分にフィットしますが、大変なので適当な間隔をあけて切っていきます。

DSC02528

切り終えたらボンドで接着していきます。ちょっと貼り方が汚いですがこんな感じになります。この部分はあとでパッスパルトゥの下に隠れる部分なので、気にしなくてもいいでしょう。

DSC02529

ビゾー・ドロアの部分を貼り終えたら、つぎに45°にカットしたビゾー・クラシックの部分にも同じ紙を貼っていきます。カーブした部分との継ぎ目は斜めにカットして外にはみ出ないようにします。

DSC02532

上と下の2つのビゾー部分を貼り終えたら、つぎはパッスパルトゥを仕上げていきます。パッスパルトゥに使う紙はピンク色を選びました。バレンタインですし、花の色にもあったので、全体になじむ色だと考えたから。
紙を選んだら、2つのパーツに分かれたパッスパルトゥの厚紙に貼ります。

DSC02533

しっかりとプレスしたあと、裏を向けて、へらでしっかりと輪郭部分をなぞります。

DSC02534

へらであとをつけた部分を残して、円形のパッスパルトゥを仕上げるときと同じように細かい切り込みをいれていきます。

DSC02535

上から見たところ。ここはパッスパルトゥのウラ側になるので、完成後は見えない箇所ですが、ちょっとしたアート作品みたいな感じに貼付けていきます。

DSC02536

再度しっかりとプレスしたらパッスパルトゥの完成。

DSC02538

ビゾー部分のスチレンボードとパッスパルトゥの厚紙をしっかりと貼り合わせてプレスします。

DSC02537

プレスしているあいだに、グリーティング・カードにもスチレンボードを貼付けます。グリーティング・カードより少し小さいサイズにスチレンボードをカットして、スティックのりでしっかりと貼りつけ、こちらもプレスします。

次回は仕上げの作業です。

つづく


関連記事